Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13973(0/0)Bot:423735(24/51)
HOME>BLOG > 日記 > 開発日記

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2018年12月 次月>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

完成しました。(ぇ?)

というか、想定した機能は一通り動くようになり、今のところ不都合はない(ハズ)です。

とはいえ、何が起こるかわかりませんけどね。


続きを読む ≫
 前回、「~作ろう(3)」までで、新規入力と投稿許可/保留までできるようになってました。

 そこで、次に手がけたのは「削除」、これは本当はとっても簡単で、実際にファイルからデータを消去するのではなく、「許可」「保留」と同じ場所(ログデータ中)に「del」という属性をセットして、もっかいファイルに書き戻してやるだけ。
 ほとんどの動きが「許可/保留」とおんなじなので、この3つをまとめて処理できるよう1つの関数内で調整しただけです。調整というのは「許可/削除」は管理者パスワードが必要ですが、「削除」には投稿者パスワードでも実行できる、という仕様なのでそのあたりの帳尻合わせでした。(簡単かんたん)

 ここで「削除」をなぜこんな手抜き仕様にしたかというと、1クリックで削除作業が済んでしまうために、「もし間違って削除」してしまった場合のリカバリーが容易に行えるように、という配慮です。

嘘です

 実は個人的な好みで、掲示板などでもデータの削除を行うとナンバリングに穴が空いてしまうのが前々から気に入りませんでした。

 そこで新規投稿すると、自動的にその空いているナンバーを使えるようにと、レコードは残しました。同時に、データ自体は削除しないで残しておいても一緒(どうせ一般モードだと表示されない)だし、と属性を変えるだけで済ませたというのが本音です。

次いで編集画面

 実は新規投稿画面、またそこでエラーが出て投稿しなおさせる画面の設計時に、1レコードの用語データを引数に登録画面を作る関数は作ってあったので、実質的には入口となってファイルから対象データを引っ張ってくる部分と、あとでファイルを書き出す部分を加えてやることで実現してます。ほとんどが新規投稿と同じようなコードなのですが、まとめてしまうほど最適化はしてません。

 そして、休日を頼みに、一気に仕上げまで走ります。

 実はトップページには投稿順に用語リストが表示されます。この出力部分を1つの関数に移し換え、検索結果の表示時にも使えるように引数の調整を行いました。
 そして検索語がPOST(あるいはGET)で指定されていた場合についてのみ、ファイルからデータを読み込む際に検索一致するレコードのみ表示用バッファに格納し、それを表示用の関数に渡してやるだけです。もちろん、トップページの「新規投稿順」というのは、そのフィルタを通さないだけ、という安直な仕様でした。

 もともと、新規投稿や編集時の保存の際に、ファイル中ではデータは日付順に並んでますからね。つまり検索結果の方でも、一致するデータの並びは投稿順です。
 本来なら50音順にでも並びかえておいてやるのが親切なんでしょうけど、そうそうパターン一致するデータが大量になるわけでもないだろう、と手抜きしました。(笑)

(単にソートするぐらい大した手間じゃないんだけどね)

 そして最後に、検索語って、見出しだけじゃなくて本文の中でもできた方がいいよね、と検索モードを追加(ワイド検索)したぐらいです。

 でもでも、実際にHPのコンテンツに入れ込むための設定をしてやるととたんに真白。(Xサーバーって、エラー表示しないで問答無用に真白画面になるんだなぁ、これが)
 やはり、バグ取りに一番時間がかかるものですねぇ。

 前回の「Web拍手」からの引き続きで、慣れてきたのか、(仕事が……)期間がかかった割にはスムーズに開発できました。


 ずっと以前、別のHPのコンテンツに用語集を入れようとフリーのPHPスクリプトを探した時には、どうも機能的に満足のいくものが見当たらず、いずれ自前で、とは思っていました。(perlのならいいのがゴロゴロしてたのに)

 ひとまず、目標達成です。そしてHP版に実装したものの……

 スクリプトを作るのに必死になって、用語を登録する気力が残ってない……(なんだそりゃ/爆)

>>HP版用語集



≪ 続きを隠す

|2008,07,12, Saturday 07:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

 かねてから取り組んできた用語集スクリプト(sxDictionary)が実用段階に入ってきたので公開いたします。


続きを読む ≫
[LINK]

トップ画面は検索結果画面と同じつくりをしています。

メニューで新規投稿や、単語等の検索、個々の用語を選んで属性(許可、保留、削除)などを切り替えることができます。

[PIC]


また、関連語句やURLを登録することもできます。

[PIC]

 用語集として一揃いの機能はそろったんじゃないかと思います。


>>用語集<<

≪ 続きを隠す

|2008,07,12, Saturday 05:07 PM | comments (0) | trackback (0) |

 引き続き進展状況なのですよ。

 前回までは、トップページ(メニューと最新10件の表示)のあたりまででした。



続きを読む ≫
[PIC]

新規入力画面ですパスワードが2つありますねぇ、ちょっと紛らわしいかな。(説明が必要か)

 ひとつは自分が編集(削除)するためのパスワードで、もうひとつは投稿するためのパスワード。あらかじめ投稿パスワードを知らない(管理者に教えてもらってないと)投稿できないようにするためのものです。この辺は複数での運用を念頭にいれています。E-Mailの入力を求めているのも、その関係かな。
 といっても、でたらめなメールアドレスでもチェックのしようがないので意味は薄いかも。(ただし、MSNやYahooあたりのフリーメアドらしきものはシャットアウトするつもり。基本的に私はああいうのは信用しない/スパムメールを見てたら誰でもそう思うよ、きっと)

 関連URLは、「1行に見出し,URL」で登録し、外部参照できるようにするため。URLが未入力なら、用語の中の同じ見出しを探す内部参照になります。(この辺は未実装ですねぇ)

 ついでに、初期設定で変更できますが、デフォルトでは新規入力しても「lock(保留)」状態で登録されます。一覧表示(トップなど)で一般モードだと、それらはまだ表示されません。

[PIC]

 というわけで、その「保留」状態の解除の機能が必要となりました。
 投稿許可は管理者だけの機能。左手に入力するパスワードは管理者パスワードでなければなりません。

 まだ未実装ですが、「編集」と「削除」は新規入力時に入力したパスワードの方を入力して実行となる予定です。

[PIC]

 んで、その結果表示。「もとのページに戻る」リンクはやっぱり必要でしょう。


--------
さてさて、次の課題は「編集」と「削除」かな、がんばろ


≪ 続きを隠す

|2008,07,10, Thursday 05:07 AM | comments (0) | trackback (0) |


 試みに、今のこのブログへのアクセスログを見てみたら、


続きを読む ≫
[PIC]

 いやあ、赤い赤い。およそUA(ユーザーエージェント)で「http」を含んでいたら、ほぼ間違いなくBotの類とみていいでしょう。
 そこまで偽装してはこないYahooやGoogleはまだマシなんでしょう、きっと。(そりゃ大手だし)

 判断に苦しむのが「mode=rss」で、これはRSSリーダーってことなんだろうか? どっかのHPからRSSを引っ張られていたら、こんな具合になるのかも。(そういやHP版の方で、このブログのRSSを引っ張っていたはず)

 まあ、いいのだ。がちがちに固めたHP版の方は、こういったBotの類はほぼすべてシャットアウトしてあることが確認されている。(スタートページはともかく、それより中には入られた形跡はない)

 さすがにブログでそれをするのは問題がありそうなのでする気はないのだが、

 でもね、

 e=58(58番目の記事)とか、m=201611(2016年11月の記事)とか、まだ入力もされていない記事やずっと未来の日付でアクセスしてくんのは、あまりにマナーが悪いんじゃないか?



≪ 続きを隠す

|2008,07,07, Monday 04:22 AM | comments (0) | trackback (0) |


 「作ろう」と言い出してから、なかなか進んでませんでした。というか、この間に「Webはくしゅ」とか、全然別なのを作ってしまってたわけですが。

 そこで、進行状況


続きを読む ≫
[PIC]

 なんというか、とりあえずスキンとか、データ構造と基本的な表示部分だけかも。

 メニューは出てるけど、(管理者)ログイン処理とか、新規入力(データ保存)とかもこれからですから、まだまだといったところです。

 ふむふむ、その途中もいいところなのに、たとえば小説の文章で「《 》」で囲った部分に、用語集のデータを引っ張ってきてハイパーリンクかポップアップ説明とかできないかなぁ、などと「また」無謀なことを考えていたりして……。



≪ 続きを隠す

|2008,07,07, Monday 04:02 AM | comments (0) | trackback (0) |

というか、苦労話ってことですね。(こんなのばかりです)

[PIC]
 一応、機能面ではHP版に実装した段階で完成していました。
 問題は、これを一般仕様に耐え得るものとして公開する準備ということになります。



続きを読む ≫
 もともとは、私の作るスクリプトは、基本的に「結果を変数に格納して返す」という作り方をしています。

 これはスクリプト単体で動作することを前提にはせず、他のコンテンツと共通のスタイルを確保しつつ、その中でスクリプト独自の部分をはめ込んでやるという目的を達成するためです。
 その点は問題は少なく、スクリプトの最後に変数に格納するだけじゃなく、ヘッダ部分とフッタ部分を付け加えてhtmlに書き出してやるだけですぐに単独動作するものに変身します。

 これが前提だったのでさほど難しくは考えていませんでした。実際、以前に作った掲示板などは、同じような感じでまったく問題なく動いています。(sxBBS まだ未公開です)

 しかしながら、このWeb拍手の場合はもう少し工夫が必要だったようで、一般化のための手直しが必要となりました。

その1 拍手ボタンの呼び出し元のアドレスが決まっていないこと。

 あたりまえの話で、サイト内のどのページでも拍手ボタンを設置でき、そのそれぞれの集計を取ろうというのですから呼び出し元は常に不定です。むしろ、私のHPのように全部一か所のindex.phpから始まるというのは、逆に扱いやすかったということになります。

 とりあえず、ボタン呼び出しで使うスキンやログファイルなどは、結果表示で使うものと同一であるにも関わらず、そのときの相対アドレスは異なるものになるというジレンマが発生してしまいました。

 なので、呼び出し元アドレスをサーバー変数などで取得しつつ、スクリプト本体の場所も取得して、その相対アドレスを導きだしたりとか、そういった動作が必要になってきました。
 そのためのサーバー変数が、あるものはドキュメントルートから、またあるものはサーバーのルートからのアドレスを返すとかしてきた時は頭を抱えましたけど。(笑)

 いずれにせよ、ちょこっと変更するだけでどんな呼び出し方にも対応できる「Web拍手」になったことでひとまず完成です。

 ちなみに、表示やボタンの画像などは、スキンでほぼすべて変更が可能です。
(スキン自体もhtmlで、確認表示しながら編集できるハズ)



≪ 続きを隠す

|2008,07,05, Saturday 10:45 AM | comments (0) | trackback (0) |


HPに流行りの「拍手ボタン」をつけるというものですが、動作テストも済み、ほぼ期待通りの動作が確認できたので公開いたします。




続きを読む ≫
機能:

ホームページの各コンテンツに対して「拍手」ボタンを表示します。
「拍手」された回数をそれぞれのコンテンツごとに集計します。
「拍手」時に「一言メッセージ」の入力を求め、入力されたメッセージを記録します。
レポート表示にてコンテンツごとの拍手回数と最新のメッセージ一覧を表示します
ページごとのメッセージ一覧を表示します。(レポートからのリンク)

単独でも埋め込みでも動作するので、phpであればどんなシステムでも運用が可能です。


下記のページで詳しい説明とインストール方法などを紹介しています。

>>「Webはくしゅ」(sxWebClap)<<


≪ 続きを隠す

|2008,07,05, Saturday 10:26 AM | comments (0) | trackback (0) |



Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。