Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13863(1/1)Bot:396394(73/58)
HOME>BLOG > 日記 > 日常のこと > ほ〜ほ〜ホ〜タルこい(4)

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2017年10月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)

 さて、実は右往左往しながら、通りがかった地元の人に、

「蛍なら、この道を先に行ったところで見れるよ」

 と教えていただき、すでに待ってる人もいるとのこと。慌ててそちらに向かいました。

 細い脇道に車を止めさせてもらうと、しばらくして何台も同じようにやってきては、私の車の前後ろに整列していきます。
 車道の方にも止める方がいて、最終的には十台ぐらい、30名近くが集まってきました。これには私もびっくりですよ。

 話を聞いてみると、隣近所の市からも蛍の観賞スポットがあると聞いてやってきたとのこと。みなさん御苦労さまなのです。

 で、すでにあたりはうす暗くなってきてはいるものの、なかなか蛍が見えません。やっとぽつぽつ光が発見(?)されはじめたのは20時過ぎぐらいからでしょうか、最初の方は子供たちを中心に

「あ、光った」
「こっちもホタルっ!」

 と、まるで流れ星を探すような感じで盛り上がりました。

 とはいえ、さすがにこれでは撮影はできません。せっかく持ち込んだデジカメでしたが、数十枚試みた写真は全滅でした。(シャッターが間に合わない)

 しかしそれなら、と挑戦したのが下の動画です。

  ↓


続きを読む ≫
2010蛍(mp4動画)


 かろうじて、といったところですね。なんとかカメラに収めることができてほっとしたのですよ。

 最後になりましたが、私が今回蛍の観賞場所として選んだのは兵庫県の万願寺川流域です。近畿圏でも蛍の名所といえば割と見つかるものですが、どうせなら故郷の蛍がいいと思って久方ぶりに帰ってきました。(こんな山手の方まで来たのは初めてですが)
 生まれ故郷といっても、強行日程だったので、のんびりもできませんでした。(笑)

 それにしても、先週の土曜日には地元の団体主催のイベントがあったそうで、けっこう蛍もたくさん出て賑わったのかも知れませんが、今日の蛍を見ると、やはり少なくなったものだと思います。
 私の幼少の頃なんか、今回みたいに探し回らなくても近くの川に行けばすぐに見れたし、家の中にまで入ってきたこともよくあったものです。(しみじみ)


≪ 続きを隠す

|2010,06,13, Sunday 03:50 AM | comments (2) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

動画、ちらちらと蛍が見えましたよ(笑)
カエルの鳴き声が、のどかでいいですねー。
私は、見たことないのでうらやましいです^^
近年、蛍が見たいと思っているのですが、なかなか夜の一人歩きはできず……。探せば近所にほたるスポットがありそうなんですけどねぇ。

| らん | EMAIL | URL | 2010/06/17 12:06 AM | TqutpDmY |

ポン!らん さん、いらっしゃませ。
 確かに場所がら、車で狙った場所にでも出向かないかぎり難しいでしょうねぇ。周囲が暗くないと綺麗に見えませんし、到底電車が通っているような場所でもないし。(苦笑)
 ホタルの観れる時期が限られているのが難しいところで、もう少し北の方に向かえば7月初旬ぐらいまではいけるらしいですよ。

| SAKI | EMAIL | URL | 2010/06/17 09:33 PM | /s/fmpms |

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/336

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。