Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13879(0/0)Bot:400788(9/124)
HOME>BLOG > 日記 > 日常のこと > お天道さまを追っかけて(5)

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2017年12月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)

 ありゃ、1日過ぎてしまいました。

 実は帰阪はいいとして実際に大阪入りしたのは22日の午前4時~。このまま家に帰ってもその日の仕事までに起きれる自信がなかったので、職場近くの駐車場に車を止めて仮眠をとることにしたのですよ。そしてそのまま仕事に……。(異様に眠かった)

 というわけで「お天道さまを追っかけて」の続き、そしてまとめです。

 



続きを読む ≫
 今回の日食紀行の目的は、そのものズバリ、日食(正確には部分日食)の撮影にあったのですが、私が目的地に選んだのは以下の場所です。

[PIC]

[PIC]

 山口県の上関です。理由は簡単で、一週間前からの天気予報で、本州ではほとんど絶望的と思われた天候にあって、直前の21日になって唯一晴れマークが付き、しかも午前午後の降水確率がともに0パーセントであったのがこの地域だったからです。
 その中で、最南端を目指しました。

 途中、寄り道はあったものの、道程(山陽道)では大雨に見舞われたり、深い霧でほとんど前が見えなかったり……(これは本当に怖かった)。
 まだ広島県であった大竹インターで一般道に降り、海岸線沿いに南下した私にとって幸運と思われたのは、後で知ったことですが、山口県の中央部以北ではひどい暴雨で各地に被害が出ていたそうです。(お土産用に買った新聞で知った)

[PIC]

 んで、気になる現地の天気の模様です。朝焼けがまずまず、この時点ではかなり期待できそうです。

[PIC]

 しかし、さらに南下を続けるうちに怪しい空模様に。


[PIC]

 とはいうものの、さして不安にはならなかったのは、空の明るさと、雲(正確には山にかかっているガス=霧)の具合から、雨を降らせるような分厚い雲ではないことが予想できていたからでしょうか。こういう天気は回復するであろうことは、田舎育ち(?)の私にも読めていました。

[PIC]

 その時にはまだ昨夜の暴雨の被害について知らなかったわけですが、道路のあちこちで惨状の跡が見られました。
 「高波でもあったのかなぁ、えらいことになってる」とは思いましたが……。
 長島に渡って、それこそ山道ともなれば、倒れ落ちた樹木で道半分が遮られていたり……、不安がよぎったのは確かです。

 まぁ、道は狭くくねっており、運転する分には楽しかったり。(対向車もほとんどありませんしね。その実、眠気覚ましにちょうどよかった)

 実はひたすら南へ南へと進んだのはいいが、路が途切れた最後はいわゆる漁師町(四代)で、具合の悪いことに方角が悪くて日食が隠れてしまうことから、若干道を戻って撮影ポイントを探しました。
 当然、狭い道に車を止めることは論外だったことでもあるし、山手の小高い場所に車が止めれそうだと上がった場所でえらいことになったのは(4)でもお伝えしたとおり。ぬかるみにハマって車が動かなくなってしまいました。

「やばい!」と思ってあれこれしているうちに、時間が過ぎ、ふと空を見上げると、薄雲越しではあるものの、太陽が欠けていることが肉眼でもわかりました。

「いいや、後回しで」

 と急きょ撮影開始です。

[PIC]
10時24分

 本当は、もっと早くに準備し、カメラの設定や、なんとか手に入れた減光フィルターの枚数調整など、いろいろ試してから行うつもりでしたが、そんなことは言ってられません。やりながらの調整です。

[PIC]
10時42分

 カメラの解像度の変更もこの時にしましたので、本当に適当です。天気は快晴というには程遠いものでしたが、薄い雲を通しても、かなりくっきり欠けていることがわかります。
 もちろん、失敗も多く、おおボケした写真もいっぱいあります。


[PIC]
10時54分

 だいぶん欠けてきました。

[PIC]
10時58分

 このあたりが部分日食のピークかな?

[PIC]
11時12分
[PIC]
11時24分

 後半です。

[PIC]
11時38分

 終了間近。なのはいいのですが、この頃になって実際には天気は回復傾向にあり、雲もより薄く、切れ間も多くなってきたわけですが、その分光量も増したことでカメラの方がエラーを返すようになってきました。(「レンズエラー」)

 どうやら、入ってくる光が強すぎるために撮影不可ということらしいです。

 むむむ、もともとそういったことにならないために苦労(焦って)して手に入れた減光フィルター(NDフィルター)だったはずなのですが、困ったものです。
 今回用意した(できた)のがND8が6枚とND4が1枚。全部合わせると8の6乗×4で1048576分の1まで減光するというものです。

 これでも足りなかったのか?

 結果から言うと、完璧な快晴であったなら、もっと撮影条件は厳しくなっていたことが予想されます。

 薄曇りでかえって良かったのかも知れません。(ちゃんと準備してカメラの設定を変えることができていれば問題なかったのかも知れないけど)


後日談

 さて、そんなこんなで苦労(気楽なハズがいろいろあったり……)しながらの平日の暴挙だったわけですが、後から知ったところでは、大阪でもちゃんと日食が見れたらしい。(あの天気予報はなんだったんだ?)
 そうなってくると、無理して山口まで往復(メーターから900キロぐらい走ってた)する必要があったのか? と聞かれると「無かったかも知れない」ということになるのですが、私自身はけっこう満足しています。

 あの天気予報があった中で、今の自分で可能な限りいい条件を探し、実際に行動に移せたことが嬉しいのですよ。
 誰のためでもなく、たまには「自分のために」頑張ってみようと思える自分がまだ残っていたんだと。

 また、機会があればやってみたいですね。さすがに今回手に入れた減光フィルター7枚はもう二度と使う機会は無さそうですが。(いくらしたと思ってるんだ? 苦笑)


≪ 続きを隠す

|2009,07,24, Friday 01:32 AM | comments (2) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

日食のために大移動してたんですね。びっくり:ぎょ:
そんなに苦労した写真とは、ありがたいです:love:
おつかれさまでした^^
次は、2012年に金環食:太陽:があるようです。来年なら月食:月:もぽつぽつあるみたいなので、それも楽しみですね:音符:

| らん | EMAIL | URL | 2009/07/25 09:23 AM | ha1r4JBo |

らん さん、コメントありがとうございます。

 苦労というか、半分以上は自業自得だったわけですが、そんなこんなも含めて楽しかったです。
 (助けにきてくれたJAFの人との長話も含めてね)

 金環食に月食ですかぁ、今度はもう少しうまくやれるといいですねぇ。フィルターが無駄にならずに済みそうです。(笑)

| SAKI | EMAIL | URL | 2009/07/25 11:31 PM | 5hux0kS6 |

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/254

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。