Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13968(0/1)Bot:421573(20/24)
HOME>BLOG > 日記 > 日常のこと > 紅葉(最上山公園)

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2018年10月 次月>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)

 さて、早朝に竹田城跡の雲海に挑戦したちょうどその日。つまりまだ11月の24日です。
 本当はその翌日の月曜日に有休を取得しており、土曜日から月曜日までの3日間の内、天候とかの条件のいい日に雲海に挑戦するというのが当初の計画でした。さらに欲張るなら、24日早朝に竹田城、さらに25日早朝にもう一つの天空の城と呼ばれる岡山の備中松山城にも挑戦できないか、とさえ考えていたわけです。
 残念なことに25日は天候が期待できなかったので早々に諦め、動ける24日の日中の間に、この季節だし紅葉でも撮りに行こうか、と思い立ちました。


続きを読む ≫
 で、ターゲットに選んだのは竹田城跡から比較的近くで名所として知られる最上山公園です。
 スマホのナビを頼りに向かってみると、何やらにぎやかな様子。

[PIC]
 なんとそのまんまの「もみじ祭り」というのをやってました。しかも最終日。

[LINK]
 おかしい、人ごみが苦手なはずじゃなかったのか、私。シーズンど真ん中の名所とくれば当然予想しとかなければいけませんでした。ここでも見込み違いをしてしまったわけですね。とはいうものの他の候補地を探すのは面倒なのでそのまま特攻です。

[LINK]
 なかなかいい感じの景色。こういうのは個人的に好きです。

[LINK]
 いやあ、紅いあかい。

[LINK]
 下から仰いでみました。

[LINK]
 くっきりはっきり。

[LINK]
 紅いだけじゃなく黄色、緑色が重なった場所発見。
[LINK]
 こんな変な構図が好みだったりします。なんか鮮やかですよね。

[PIC]
 下の方にある山崎歴史民俗資料館から見えた怪しげな格好の塔がありました。ガイドの人に聞くと昔景気が良かったときに日本中の自治体に1億円ずつばらまいた時のお金で建てられたものだとか。あんなバカ政策の痕跡をこんなところで目にすることになるとは、あははは。

 ま、少々予定が変わってしまいましたが、なかなか面白い撮影(小)旅行になりました。
 気楽なのが一番ですかね。

≪ 続きを隠す

|2013,11,24, Sunday 08:59 PM | comments (0) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/358

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。