Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13891(0/1)Bot:406207(16/69)
HOME>BLOG > 日記 > 日常のこと > 年越と天体撮影(1)

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2018年02月 次月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


 2014年の新年を迎えるにあたって、早々に職場の連中から

「正月はどこに撮りに行くの?」

 と聞かれてしまった。まあ、竹田城跡あたりからすっかりそんなイメージが定着してしまっていたのだろうか。
 駆け出しの素人にいったい何を期待しているのやら。

 ともあれ、一応どっかには行きたいな、とは思っていたのですが、天気が良さそうなら(+雪で通行に支障がでなければ)定番の初日の出ぐらいは頑張ってみるつもりでした。ってことで、潮岬を目指して南下です。

 と、それと同時にあわよくば、という計画も同時進行です。(同僚には言ってない)


続きを読む ≫
[LINK]
 最初に撮れた星景写真

 もともとがデジタル一眼を手に入れた目的が「星を撮りたい」ですから、やってみました。場所は紀伊大島、潮岬からさらに東に車を進めたところにある島です。南紀もここまでくれば空は真っ暗、街からも離れているから目立った光害も無いだろうと思っていました。しかもこの時は月も太陽の近くで夜は見えないとあって星撮りには都合が良すぎる条件が整っていました。

 やっぱり大阪から見る夜空とは違いますねぇ。
 これで固定撮りの露出が30秒です。オリオンは赤道面の近くなので拡大して見るとちょっと流れているのが分かります。(すこし楕円になる)

[PIC]
 ズームしました。(露出20秒)


[PIC]
 木星です。(露出30秒)

 この時期はほぼ太陽と反対側に位置していて、木星観察にはいい頃合なわけで、ずっと狙ってはいました。木星の縞模様や土星の輪が撮れるぐらいの環境を整えるのが当面の目標です。うーん、ちゃんとした赤道儀と天体望遠鏡が要るんですよねぇ、すぐには無理だ。

[LINK]
 冬の大三角(露出60秒)
 オリオンの右肩から時計回りにペテルギウス、シリウス、プロキシオン

 左の鉄柱が邪魔してたのでしばらく待ってからの撮影です。露出時間を稼ぎたかったので、これには簡易赤道儀であるVixenのポラリエを使いました。北極星の導出がいい加減だったので効果は期待してませんでしたが、まずまずかも。初めて使いましたしね。


≪ 続きを隠す

|2013,12,31, Tuesday 11:37 PM | comments (0) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/359

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。