Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14036(0/0)Bot:433386(10/17)
HOME>BLOG > 日記 > どうでもいいこと

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2019年11月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

Prev12Next

 さて、7月になってしまいました。

 そこで、忘れていたわけではないのですが、正月あたりに見知った22日の日食がらみの話題です。
 もろもろの諸事情(前後に行事があるとか)は分かっていたので、ダメもとで有休が取れないか申請してみた。

 22日は平日のど真ん中の水曜日、他に出張、研修とかで職場が手薄になるといけないのですが、ぎりぎりOKが出ました。
 とはいっても余裕はない様子で、「何かあると連絡入れるから……」とのこと。(ぉぃぉぃ)

 それはともかく、これで屋久島とかの皆既日食は無理としても、少しばかりの遠出は可能になったので、潮岬あたりまで出向いてみようと思います。
 最大の問題は天気だったりするのですが、それこそお天道様次第。せっかくなので、せめてある程度の装備で写真ぐらいは撮りたいものです。

 ふむぅ、手持ちのデジカメは光学7倍ぐらいだったかな、画素数は1000あるとしても所詮コンパクトデジカメ。若干心もとないのは否めません。以前、月を撮ろうとして失敗した経験から最低でも三脚は要るかな。(手ぶれ防止機能でどうにかなる距離じゃありません/笑)

 日食観察(撮影?)用のフィルタとかとか、今のうちに調べて入手の手筈を整えてみよう。



|2009,07,04, Saturday 02:59 AM | comments (0) | trackback (0) |

 なんか、ついに始まっちゃった、といった感じです。

 それでも、気になる作品ではあったのでチェックはしてみました。


続きを読む ≫
[PIC]

 栗本薫 原作の長巨大ファンタジー「グイン・サーガ」のアニメ化なわけですが、当初からあまり期待はしてませんでした。
 原作の持つ重厚な雰囲気と精緻な心理描写や、まるで劇を観ているような錯覚を生むぐらい「わざとらしい(?)」表現力を、昨今の「とりあえず人気のある作品をアニメにしよう」という安易な姿勢でまともに再現できるはずがない、と確信していたからです。

 結論から言うと、予想通りだったかなぁ、と酷評してしまいます。

 第一話「豹頭の仮面」でしたが、原作を知っている身としては「ずいぶん走ったなぁ」と言わざるを得ず、絵的にもその他の技術的にも一昔前のアニメを思わせる仕上がりのように思われました。せめて雰囲気だけでも頑張ってほしかったところです。第一、原作には少なくともあったはずのリアリティすら感じられません。(素手で兵隊を殴って地面に埋まるなんて……)

 およそ、今現在なお発刊され続け、140冊以上にもなってなお終焉の見えない作品を、どうやってアニメ化できるというのでしょうか。おおもとから「完結」は期待できないので、中途半端な終わり方をすることが確定してます。
 よくて、どこか区切りのいいところで「このあとどうなっていくのか?」みたいな、今どきの原作つきアニメがよくある終わり方になるのかな。レムスの戴冠式あたりが妥当かも。

 同様の先入観は、実はずっと以前に「タイタニア」を紹介したときにも感じていたものですが、あれはそれなりの作品に仕上がっていました。あえて原作とは異なるオリジナルの展開を志向したことが良かったのでしょう。

 アニメ版の「グイン・サーガ」が今後どうなるのかはわかりませんが、本来もっともっと暗く深く重くてどろどろ(苦笑)した物語を手掛けるには、制作側の「真面目さ」が足りな過ぎるような気がするんですよ。原作に申し訳ない感じがしてなりません。


≪ 続きを隠す

|2009,04,12, Sunday 07:20 PM | comments (0) | trackback (0) |

2009年も第2クールに入り、いわゆる春の新番組がスタートしはじめました。

 元来、テレビっ子(ただしアニメ限定)だった私ですが、気に入った、そして気になる作品のいくつかはチェックしていたりします。(ほとんど偶然目についたってことが多いんですけどね)

 「東のエデン」もそのひとつ。

[PIC]

 いい感じの絵柄に、ふとマンガの「3月のライオン」を思い浮かべたのは錯覚ではなく、キャラクターデザインを担当したのは「羽海野チカ」ということでした。そういえば「ハチミツとクローバー」もこの人ですね。


続きを読む ≫
 しかしながら、特に私が気に入ったのは、公式サイトで下のブログパーツを見つけたから、というのが一番の理由でしょうか。


*** スクリプトの性格上、ブログパーツの表示は個別記事表示モード限定にさせていただきました。***

>>>個別記事表示モードにする<<<


 こういうことを思いつく発想は大好きですよぉ。(笑)

 ではでは、このアニメの決めゼリフから、

「あなたが今後も救世主たらんことを」(爆)


≪ 続きを隠す

|2009,04,11, Saturday 01:29 PM | comments (0) | trackback (0) |

HP版に設置していた「らくがき帳」が海外スパムに荒されてました。(涙)

  ↓


続きを読む ≫
[PIC]

 アクセス履歴からIPを見ると「78.46.102.197」、ドイツからのスパム投稿のようです。
 「らくがき帳」では、レスを含む投稿があると、サイト管理用のメアドに通知が入るようになっており、それが転送されて私の携帯にも知らせが入るようになってます。
 明け方のこんな時間にメールが何通も……。(爆)

 「まったくこれだから……」

 サイトを構築するphpスクリプトの中で、この「ぶろぐん」以外だと唯一自前ではなく他から導入しているのがこの「らくがき帳」であり、POTI-BOARDだったわけですが、さすがに有名どころの掲示板はスパムのターゲットになりやすいのは覚悟はしてました。画像レンタル掲示板も、のきなみ餌食になっているようですしね。

 本当は設置したはいいものの、自分ですらほとんど使っていないのがいけないんでしょうが……。

 実はこのPOTI-BOARD、主にスパム対策を中心にバージョンアップされているのは知ってはいるのですが、サイトのシステムの中に入れ込むためにいろいろ中身をいじっている部分があって、手をつけていませんでした。それが徒になったようです。

 今から新しいバージョンに入れ替えるのは少々手間だし(眠いし)、とりあえず、すぐにできる対策として「日本語を含まない投稿は受け付けない」ようにしてみました。

 一番確実なのは、SxBBSにも導入した画像認証だとは思うのですが、スキンを含めて変更する箇所がいっぱいになりそうなので時間がありません。
 今夜にでも新しいバージョンへの入れ替えと同時に手をつけてみようと思います。


≪ 続きを隠す

|2009,02,16, Monday 07:30 AM | comments (0) | trackback (0) |

 Pale Cocoon - Aoi Tamago - Little Moa

 結構気に入っているOVAだったりします。
 中でも、最後に流れる歌は印象的でした。

 とはいうものの、この歌の正確な歌詞ってどこを探しても見つからないんですよね。

 たぶん、合ってるとは思うのですが……

   ↓


続きを読む ≫

森が眠りについた朝
煙が空に引いた弧と
地平線とが交差して
銀のジャグジーをこしらえた

海が眠りについた朝
月は待つのを終わりにした
満ちては欠ける揺り籠を
祈りの代わりに差し出した

あれは最後の天使
新たな鳥の声
孵らない蒼い繭(たまご)
微笑を無くしても

星が眠りについた朝
せめて戻すは曇り空
神様がいた時代には
濡れて光った庭の苺
いつか逢える日の約束して

あなたを忘れない


≪ 続きを隠す

|2009,02,12, Thursday 04:10 AM | comments (0) | trackback (0) |

ちょっとテストです。間違って投稿したりしなよう。{:rn:}ログイン状態でのみ表示させています。{:rn:}{:rn:}{:rn:}

|2009,02,11, Wednesday 07:37 AM | comments (0) | trackback (0) |

 今頃気づいた。
 携帯を職場に忘れてきてしまったじゃないか。

 冬場はバッテリーの消耗が激しいのか、それとも目覚まし代わりにセットしたアラームがむなしい努力(ぇ?)を続けているからか。
 まぁ、そんなわけで職場に置いている充電ケーブル(私の私物さぁ)に差し込んだはいいが、そのままほったらかしにしてきたようだ。

 まいった。休日だというのに、とある研修に朝から出向かないといけないのに、明日起きれなかったらどうしよう。

 ……本当にどうでもいいことだなぁ。(苦笑)


|2009,02,08, Sunday 01:43 AM | comments (0) | trackback (0) |

Prev12Next


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。