Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:13879(0/0)Bot:400789(10/124)
HOME>BLOG > 日記 > 日常のこと

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2017年12月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

 これまた意味不明なタイトルだなぁ。
 なにせ、自分自身の行動自体が意味不明なわけだから致し方ないのかも知れません。

 とにもかくにも「まだあったのか?」と思われるぐらい放置してしまっていた当ブログに、久方ぶりの投稿したかと思えばボケボケの携帯写真だったのですから……(あははっ)

 それはともかく、今年最大の目玉と目をつけていた金環日蝕だけは外せないということで、再び無理をしてみました。


続きを読む ≫
[PIC]

 今回、どこで日蝕を見るか、で検討した場所です。
 3年前の部分日蝕の際には前日当日の休み(当日は有休)があったので比較的時間に余裕があったのですが、今回は前日の5月20日は日曜日であるにも関わらず夕方まで仕事になってました。(実際は21時ぐらいまでかかった/涙)
 さらに、当日21日は日曜出勤の振り替え休日のはずなのに夕方以降のシフトがすでに入ってしまっており、誰も交代できないことから、それまでに帰ってこなければいけません。(これじゃ休みでも何でもないじゃないか!)

 んでもって、候補地です。できるだけ条件の良い場所を選びたかったわけですが、第一に日蝕ルートの中心線上にある潮岬(1)を検討しましたが、どう考えても日蝕の終わる9時に現地を出発して大阪市内まで戻ってくる自信がなかったので見送りました。時間的には可能かも知れないけれど、強行日程で寝不足必至ですので身の危険を感じてしまったわけです。
 そこでもう少し近くした白浜(2)とか、東に海があって見通しの良さそうな淡路島東岸(3)とかを検討しました。あまり行楽地とか人が多そうで敬遠したかったんですけどね。

 (ちなみに紆余曲折を経て最終的な撮影場所は赤い▲の場所になりました)

 しかしながら、当日の天気の具合がよろしくない。(涙)
 予報では近畿中南部は全滅の勢いだったのですよ。せいぜい岐阜の東南端とか……だめだ、帰ってこれない。

 でもでも、前日20日の夕方になってようやく晴マークの場所が見えてきて、その時点で候補地を三重県の鳥羽(4)に絞って計画を立てました。(車での工程や必要な高速料金、休憩のPAとかとか)

 前日の仕事も結構体を動かさないといけなかったもので、疲れがたまっており、一眠りした後、21日午前2時少し前に大阪を出発しました。途中30分ぐらいの休憩をはさみながら、予定地の鳥羽市、しかも有名な鳥羽水族館の近くに到着したのが6時過ぎです。(ほぼ予定どおり)

[PIC]

 ここは実際に撮影した場所周辺です。鳥羽の写真は撮りませんでした。というのは、入れようと思っていた駐車場すら7時にならないと開かないということで、海を見渡せる路肩に止め、しばらくゆっくりしながらカメラの調整とかやろうと思っていたところに、現地のカメラ好きのオジサンが声をかけてきて、どうやらそのあたりは彼のテリトリーだったらしく、とても嬉しそうに、しかも自慢げに四季おりおりの鳥羽の朝焼けを撮影したライブラリを見せられたりしていたからです。(あはははっ)
 まあ、旅先だしこんなこともあるわけで、別に嫌ではなかったのですが、話の最後に、

「これからどんどん雲が濃くなってきそうだから今日は撤収や」

 なななっ、何てこと言い出すんだ、このおっさん!
 よく見ると頭上にはモクモクと濃いめの雲が南から広がり、太陽を隠しつつあった。(うわぁ)

 ここまで話を引っ張っておいて(自分は自慢話ができて満足したのかも知れないが)それはないんじゃないか、と思ったものだが、

「あの雲の切れ間ぐらいまでいけば大丈夫かも」

 と、すでに太陽を通り過ぎて北上しつつある雲の一団とその切れ間を指さす、その言葉に従うことに私はした。

「あの雲の向こうに」

 撮影可能を思われるポイントを目指して移動である。


≪ 続きを隠す

|2012,05,21, Monday 11:50 PM | comments (0) | trackback (0) |

 さて、実は右往左往しながら、通りがかった地元の人に、

「蛍なら、この道を先に行ったところで見れるよ」

 と教えていただき、すでに待ってる人もいるとのこと。慌ててそちらに向かいました。

 細い脇道に車を止めさせてもらうと、しばらくして何台も同じようにやってきては、私の車の前後ろに整列していきます。
 車道の方にも止める方がいて、最終的には十台ぐらい、30名近くが集まってきました。これには私もびっくりですよ。

 話を聞いてみると、隣近所の市からも蛍の観賞スポットがあると聞いてやってきたとのこと。みなさん御苦労さまなのです。

 で、すでにあたりはうす暗くなってきてはいるものの、なかなか蛍が見えません。やっとぽつぽつ光が発見(?)されはじめたのは20時過ぎぐらいからでしょうか、最初の方は子供たちを中心に

「あ、光った」
「こっちもホタルっ!」

 と、まるで流れ星を探すような感じで盛り上がりました。

 とはいえ、さすがにこれでは撮影はできません。せっかく持ち込んだデジカメでしたが、数十枚試みた写真は全滅でした。(シャッターが間に合わない)

 しかしそれなら、と挑戦したのが下の動画です。

  ↓


続きを読む ≫
2010蛍(mp4動画)


 かろうじて、といったところですね。なんとかカメラに収めることができてほっとしたのですよ。

 最後になりましたが、私が今回蛍の観賞場所として選んだのは兵庫県の万願寺川流域です。近畿圏でも蛍の名所といえば割と見つかるものですが、どうせなら故郷の蛍がいいと思って久方ぶりに帰ってきました。(こんな山手の方まで来たのは初めてですが)
 生まれ故郷といっても、強行日程だったので、のんびりもできませんでした。(笑)

 それにしても、先週の土曜日には地元の団体主催のイベントがあったそうで、けっこう蛍もたくさん出て賑わったのかも知れませんが、今日の蛍を見ると、やはり少なくなったものだと思います。
 私の幼少の頃なんか、今回みたいに探し回らなくても近くの川に行けばすぐに見れたし、家の中にまで入ってきたこともよくあったものです。(しみじみ)


≪ 続きを隠す

|2010,06,13, Sunday 03:50 AM | comments (2) | trackback (0) |

 適当に時間をつぶして目的地の川〜をはるかに通り過ぎて、どこだ?

 ここまで来ると携帯まで圏外になってしまい、少々焦った。

続きを読む ≫

|2010,06,13, Sunday 12:03 AM | comments (0) | trackback (x) |

 おぉ、山だ田んぼだ!

 あんまり馴染みのない道を大して調べもせず、もちろんカーナビもないとあっては、結構時間がかかってしまいました。
(神戸は混むから嫌いさぁ)

 素直に中国道走ればよかった。

続きを読む ≫

|2010,06,12, Saturday 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

 とりあえず出発したりして。

 行き先は未定というか、考えてはあるのですが、内緒です。

 とにかく、湾岸線を北上。この道で渋滞を経験したのは初めてさぁ。(汗)

 どうやら工事渋滞でした。

続きを読む ≫

|2010,06,12, Saturday 06:51 PM | comments (0) | trackback (x) |


 何を突然というか、しばらく前の朝の通勤中のラジオの話題でホタルの名所どうのこうの、というのがあり、無性に見に行きたくなった。
 去年の日食のときは、半年以上前から考えていたところを、具体性(有給がとれた)が出てきたところで実際の計画に乗せたわけだが、今回は前振りは一切ない。

「行けばぁ?」

 てな具合で体さえ空けばすぐにどこかしらに出かけることは可能なのだが、時期の問題もあって少々焦っている。

 田舎に住んでいた頃はわりとどこでも見れたものだが、昨今はそういうわけにもいくまい。同時に、記憶違いなのか、ホタルの見ごろというと、もっと遅い時期だと思い込んでいて、少し調べてみると、どこも早くて6月中旬まで、遅くても(高地とか)7月初旬となっていた。

 いかん、もし動くとなると今週末ぐらいってことになるじゃないか? 準備も何もあったもんじゃない。

 ここで見送ると丸々一年待つことになってしまうし、来年のこの時期に覚えていられる自信は実はない。
 うーむ、どうしようかなぁ。

|2010,06,10, Thursday 07:35 AM | comments (0) | trackback (0) |

 ありゃ、1日過ぎてしまいました。

 実は帰阪はいいとして実際に大阪入りしたのは22日の午前4時~。このまま家に帰ってもその日の仕事までに起きれる自信がなかったので、職場近くの駐車場に車を止めて仮眠をとることにしたのですよ。そしてそのまま仕事に……。(異様に眠かった)

 というわけで「お天道さまを追っかけて」の続き、そしてまとめです。

 



続きを読む ≫
 今回の日食紀行の目的は、そのものズバリ、日食(正確には部分日食)の撮影にあったのですが、私が目的地に選んだのは以下の場所です。

[PIC]

[PIC]

 山口県の上関です。理由は簡単で、一週間前からの天気予報で、本州ではほとんど絶望的と思われた天候にあって、直前の21日になって唯一晴れマークが付き、しかも午前午後の降水確率がともに0パーセントであったのがこの地域だったからです。
 その中で、最南端を目指しました。

 途中、寄り道はあったものの、道程(山陽道)では大雨に見舞われたり、深い霧でほとんど前が見えなかったり……(これは本当に怖かった)。
 まだ広島県であった大竹インターで一般道に降り、海岸線沿いに南下した私にとって幸運と思われたのは、後で知ったことですが、山口県の中央部以北ではひどい暴雨で各地に被害が出ていたそうです。(お土産用に買った新聞で知った)

[PIC]

 んで、気になる現地の天気の模様です。朝焼けがまずまず、この時点ではかなり期待できそうです。

[PIC]

 しかし、さらに南下を続けるうちに怪しい空模様に。


[PIC]

 とはいうものの、さして不安にはならなかったのは、空の明るさと、雲(正確には山にかかっているガス=霧)の具合から、雨を降らせるような分厚い雲ではないことが予想できていたからでしょうか。こういう天気は回復するであろうことは、田舎育ち(?)の私にも読めていました。

[PIC]

 その時にはまだ昨夜の暴雨の被害について知らなかったわけですが、道路のあちこちで惨状の跡が見られました。
 「高波でもあったのかなぁ、えらいことになってる」とは思いましたが……。
 長島に渡って、それこそ山道ともなれば、倒れ落ちた樹木で道半分が遮られていたり……、不安がよぎったのは確かです。

 まぁ、道は狭くくねっており、運転する分には楽しかったり。(対向車もほとんどありませんしね。その実、眠気覚ましにちょうどよかった)

 実はひたすら南へ南へと進んだのはいいが、路が途切れた最後はいわゆる漁師町(四代)で、具合の悪いことに方角が悪くて日食が隠れてしまうことから、若干道を戻って撮影ポイントを探しました。
 当然、狭い道に車を止めることは論外だったことでもあるし、山手の小高い場所に車が止めれそうだと上がった場所でえらいことになったのは(4)でもお伝えしたとおり。ぬかるみにハマって車が動かなくなってしまいました。

「やばい!」と思ってあれこれしているうちに、時間が過ぎ、ふと空を見上げると、薄雲越しではあるものの、太陽が欠けていることが肉眼でもわかりました。

「いいや、後回しで」

 と急きょ撮影開始です。

[PIC]
10時24分

 本当は、もっと早くに準備し、カメラの設定や、なんとか手に入れた減光フィルターの枚数調整など、いろいろ試してから行うつもりでしたが、そんなことは言ってられません。やりながらの調整です。

[PIC]
10時42分

 カメラの解像度の変更もこの時にしましたので、本当に適当です。天気は快晴というには程遠いものでしたが、薄い雲を通しても、かなりくっきり欠けていることがわかります。
 もちろん、失敗も多く、おおボケした写真もいっぱいあります。


[PIC]
10時54分

 だいぶん欠けてきました。

[PIC]
10時58分

 このあたりが部分日食のピークかな?

[PIC]
11時12分
[PIC]
11時24分

 後半です。

[PIC]
11時38分

 終了間近。なのはいいのですが、この頃になって実際には天気は回復傾向にあり、雲もより薄く、切れ間も多くなってきたわけですが、その分光量も増したことでカメラの方がエラーを返すようになってきました。(「レンズエラー」)

 どうやら、入ってくる光が強すぎるために撮影不可ということらしいです。

 むむむ、もともとそういったことにならないために苦労(焦って)して手に入れた減光フィルター(NDフィルター)だったはずなのですが、困ったものです。
 今回用意した(できた)のがND8が6枚とND4が1枚。全部合わせると8の6乗×4で1048576分の1まで減光するというものです。

 これでも足りなかったのか?

 結果から言うと、完璧な快晴であったなら、もっと撮影条件は厳しくなっていたことが予想されます。

 薄曇りでかえって良かったのかも知れません。(ちゃんと準備してカメラの設定を変えることができていれば問題なかったのかも知れないけど)


後日談

 さて、そんなこんなで苦労(気楽なハズがいろいろあったり……)しながらの平日の暴挙だったわけですが、後から知ったところでは、大阪でもちゃんと日食が見れたらしい。(あの天気予報はなんだったんだ?)
 そうなってくると、無理して山口まで往復(メーターから900キロぐらい走ってた)する必要があったのか? と聞かれると「無かったかも知れない」ということになるのですが、私自身はけっこう満足しています。

 あの天気予報があった中で、今の自分で可能な限りいい条件を探し、実際に行動に移せたことが嬉しいのですよ。
 誰のためでもなく、たまには「自分のために」頑張ってみようと思える自分がまだ残っていたんだと。

 また、機会があればやってみたいですね。さすがに今回手に入れた減光フィルター7枚はもう二度と使う機会は無さそうですが。(いくらしたと思ってるんだ? 苦笑)


≪ 続きを隠す

|2009,07,24, Friday 01:32 AM | comments (2) | trackback (0) |



Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。