Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14403(0/0)Bot:458101(13/170)
HOME>BLOG > 日記 > 創作日記

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2020年07月 次月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

 ラグナロクオンラインものから3作目です。

 「美咲の物語」の視点からいうと2作目、前作の「泉のノルン」の続きにあたります。


>>転職のエフィ<<

 さて、前作からBGMが鳴るようになってますが、ページを表示してみるとわかるとおり、BGMのPLAY/STOPスイッチがついています。
 使用されているブラウザやインストールされているプラグイン、PCそのものの音量とかで、場合によっては邪魔な場合もあるだろうという配慮だったわけですが、その実装にあたっては多少苦労(というか試行錯誤)をした覚えがあります。

 そのうち方法なども紹介しようと思います。


|2008,06,24, Tuesday 02:35 AM | comments (0) | trackback (0) |

 二次小説シリーズから2作目を掲載しました。

 思い入れのあるキャラクターを中心に据えると、ついついのめり込んでしまいます。

 前作「監獄の妖精」はドタバタでしたが、こちらは可能ならばシリアスな雰囲気で……。
(そして期待は裏切られる。作者の希望でさえ/笑)

>>泉のノルン<<



続きを読む ≫
 なお、今回の掲載にあたり、BGMを新たに設定しました。

 できるだけ作品の雰囲気に合うものを、というこだわりは作者としては当たり前の矜持というもの。

 最初のイメージは中島みゆき の「あした」だったりします。(どんなイメージだったんでしょう/苦笑)

 さすがに使うのは憚られるので、ネットでフリーの素材を探しました。

 見つけたのは「VAGRANCY」というところ。いい感じの曲が多かったですよ。(嬉)


≪ 続きを隠す

|2008,06,23, Monday 11:04 AM | comments (0) | trackback (0) |

 ラグナロクオンラインの二次小説である「監獄の妖精」をこのサイト内のコンテンツとして組み入れました。

 もちろん、某所で掲載していたものですが、いわゆる創作作品については、最終的にこちらのHPにまとめていきたい、という狙いもあります。

 このシリーズ、実は10作以上あったりして、暗にこの数年、公にはHPの更新も滞っていた原因を物語っています。
 どれも勢いで書いたものがほとんどですが、少しずつ整理しながら掲載していきますね。


>>監獄の妖精<< 



|2008,06,23, Monday 05:06 AM | comments (0) | trackback (0) |

 来年から中学に上がるから
 この七夕まつりも今年で最後

 ひとつ年下の拓也は、
 歳の割には背が低く
 いつも見上げるようにあたしを見る

 それが悔しいのだと

「あれ、一枚だけ? トーコ?」

 そういう拓也の前は
 まき散らしたような短冊の海
 書きなぐったような字で、

 よく見ようと覗き込むと

「ダメ、見ちゃ! 
   願い事がかなわなくなる!」

 はいはい、
 神様もたいへんねぇ
 これだけ沢山だと、

「それよかトーコは?」

 あら、
 見せないんじゃなかったっけ?

「あぁっ、そんなに高いところに」

 そうよ、いっとう最初に
 願いをかなえてもらうんだから

「そりゃないよぉ」

 そんな、
 悔しそうな顔、

 見るのは今年で
 最後にならなきゃいいな


続きを読む ≫


七夕ネタです。
そういう季節ですよねぇ。

 私の田舎では七夕やクリスマスになると、地元の子供会の企画で近所の公会堂に集まっては何らかのイベントを行っていました。そういったイベントにはケーキなどおやつが振舞われるということで、みんな楽しみにしていたものでした。

 もちろん、七夕にはみんなで短冊に願い事を書き、それを笹ならぬ竹(山から切り出してきた)に飾り付けをします。
 そして全員で川に流しに行くんですよね。

 たいていは夜も暗くなってからの道程で、帰りは半分肝試しになったのを覚えています。




 あ、忘れてた。七夕ネタで1つ、用意しているページがあります。

 期間(6~7月)限定で願い事を投稿してもらおうという投稿掲示板です。
 あまり深い意味はありませんが、作ったばかりの掲示板スクリプトでどれだけのことができるか、といろいろ試していたときのなごりでしょうか。
 お暇でしたら、お越しくださいませ。


>>七夕~あなたの願い事<<



≪ 続きを隠す

|2008,06,22, Sunday 06:44 PM | comments (0) | trackback (0) |

 創作日記です

 とはいいながら、このところ文章じゃなくてスクリプトばかりで遊んでいました。
 さしてスキルが上がったとも思えないんですけどね。

 とりあえず、覚え書き(下書き)程度に書いてみようと思います。未完で終わる可能性大(汗

 その後、準備が整えばHP版のコンテンツの方に移していく予定です。(詩なら、適当な背景画像が手に入ったら、とか)

 以前は、ブログの記事そのものに背景を重ね表示させたり、とかBGMを鳴らしたり、とかもしていましたが、HP版との連携を取るという方向で、今後はそれは控えたいと思います。



|2008,06,22, Sunday 06:37 PM | comments (x) | trackback (x) |



Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。