Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14036(0/0)Bot:433386(10/17)
HOME>BLOG > 日記 > 創作日記

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2019年11月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

ラグナロクオンラインものから10作目です。



続きを読む ≫

|2008,08,17, Sunday 11:09 PM | comments (0) | trackback (0) |

ラグナロクオンラインものから9作目です。


続きを読む ≫
監獄の妖精ふたたび、です(笑)

>>おてんば妖精と伝説の杖<<


≪ 続きを隠す

|2008,08,14, Thursday 12:53 AM | comments (3) | trackback (0) |

ラグナロクオンラインものから8作目。


続きを読む ≫
新エピソード集、神楽譚第1作目です。

>>神楽譚「封印の書」<<


≪ 続きを隠す

|2008,07,30, Wednesday 02:56 AM | comments (0) | trackback (0) |

ラグナロクオンラインものから7作目です。



続きを読む ≫
 「美咲の物語」では4作目、「時計塔の魔女」の後編です。


>>時計塔の魔女(後編)<<


≪ 続きを隠す

|2008,07,28, Monday 10:24 PM | comments (0) | trackback (0) |

ラグナロクオンラインものから6作目です。


続きを読む ≫
 「美咲の物語」では4作目、前作の「羅炎のゼノン」のすぐ後のお話です。


>>時計塔の魔女(前編)<<

少し長いので前後編になってます。




≪ 続きを隠す

|2008,07,06, Sunday 12:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

 ラグナロクオンラインものから5作目です。



続きを読む ≫
 「美咲の物語」では3作目、前作の「転職のエフィ」のすぐ後のお話です。


>>羅炎のゼノン<<

 このあたりから、いや処作の「監獄の妖精」は実はまだまだ未完で、あとから書き始めた美咲のエピソードが次々に出来上がっていっていたわけですが、自分なりに魔法をはじめ、ゲームであるはずのラグナロクオンラインの世界観を筋の通ったものにしようという試みを始めています。

 というのも、基本的にいつの間にか魔法やスキルを覚えて、それで魔物を倒して、「なぜか」アイテムを収集して、それが「どういうわけか」お金になって……、なんてゲームを進める上では避けて通れない設定は、現実的に(ファンタジーなんですけどね)あり得ないでしょう。

 リアリティはもとから望むべくもないとして、少しは一般に受け入れられやすい展開(それは根拠のある流れ)にしていきたかったわけです。

 でないと、ゲーム内容を知っている人にしか分からないってことになりますから。

 努力目標でしかありませんけどね(苦笑)



≪ 続きを隠す

|2008,06,26, Thursday 12:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

ラグナロクオンラインより4作目

「美咲の物語」は少し休憩して、私自身まったく思いもよらなかったキャラクターが今回の主役です。

>>投聖のグレゴリー<<

 ささいな思いつきが、創作意欲を掻き立てるわけですね。(笑)



|2008,06,25, Wednesday 05:50 AM | comments (0) | trackback (0) |



Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。