Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14036(0/0)Bot:433384(8/17)
HOME>BLOG

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2019年11月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE

[PIC]


時間がなぁい。


|2008,07,15, Tuesday 12:58 PM | comments (0) | trackback (x) |


 寝る間を惜しんで「sxDictionary」をはじめ、立て続けにバージョンUPやモジュールの公開なんかをやって、ついに体力の限界を突破して倒れていた……というわけではなく、時間が空いたら読もうと買い込んでいた文庫(ライトノベル)の乱読をしていたから。

 ま、他のことができなくなるほど、といえば読書だろうが開発だろうが結局は一緒だったんでしょうが。

 この1週間で16冊……

 1年のうち、数回、こんな時期があります。あと先考えずに買った小説のシリーズの一気読み……。もうなんというか、まっとうな読書家に言わせればろくでもない。

 それが、性質(タチ)の悪いことに、「他によさそなの無いかなぁ」などと後を引く傾向があることでしょうか。


|2008,07,15, Tuesday 07:31 AM | comments (0) | trackback (0) |

少し前にできた「Webはくしゅ」をそのままBlognPlusで使えるようにするモジュールです。

各記事ごとに「拍手」ボタンを設置します。
インストールは、モジュールのアップロードとスキンへのタグ記述のみという単純設計です。

ただし、実装にあたってはnJOYさんの「タグ拡張モジュール」がインストールされていることが必要です。



続きを読む ≫
ダウンロードは以下のページからお願いいたします。

>>Webはくしゅ モジュール<<


実装にあたっての裏話(あるいは言い訳)

 本当はモジュールを使わないで既存のタグ等による拍手ボタンフォームを記述して済ませようと思ってました。しかし、「Webはくしゅ」開発時に発生した二重クリックの問題の解決のためにトークン(セッション)を使っており、その整合性をはかるのは不可能と結論付けました。

 そこでモジュールになったわけですが……

 本当は、モジュールの実装に際して、他の方のモジュールを前提にするのは、私としても気が引けましたが、一番簡単な方法での実装が望ましいのではないか、という視点で公開に踏み切りました。

 「Webはくしゅ」の性格上、記事の個別化のための「タイトル」および戻り先アドレスを特定するための「記事ID」の取得が必要となり、これは、既にその独自タグを実装されているタグ拡張モジュールがそうであるように、index.phpの一部改造を伴うモジュールの開発が必要になってきます。

 記事IDだけのことなら、たとえば動作を「個別表示モード時に拍手ボタンを表示」に限定するのであれば、自作の「表示モード別分岐モジュール」との組み合わせでなんとかなりますが、Web拍手報告画面等の「タイトル」にURL(あるいはその一部)が使われるなど、非常に味気ないものになってしまわざるを得ません。

 もちろん、時間をかけて、独自でモジュールをくみ上げることも考えられましたが、私自身のモジュールでもすでに2つもindex.phpの改造を伴うモジュールを出しており、これ以上あまり複雑にしたくはなかったという思いもあります。BlognPlus自体のバージョンアップのたびに、煩雑な作業を繰り返すのは、面倒ですしね。

 ということで、最終的には私が楽をしたかったという理由で、非常に安直な形でモジュールを公開することになった次第です。

 ちなみに、このモジュールの動作は、BlognPlusの「モジュール読み込み(このときにスキンへの操作が可能)」→「各モード別ページ作成(このときにindex.phpの改造部分が実行)」という処理の流れの隙間を突いていますので、今後BlognPlusのバージョンUPに伴って動かなくなる可能性も否定はできません。

(もっとも、その場合は、私の以外でも既存のモジュールのかなりの部分が動かなくなると思われるので、可能性は極めて低いでしょうが。というか、ありえない/爆)

 最後に、タグ拡張モジュールの作者であるCJさんには、改めて感謝の意を表したいと思います。

(また使わせてもらいましたぁ/笑)



≪ 続きを隠す

|2008,07,12, Saturday 10:42 PM | comments (0) | trackback (0) |

完成しました。(ぇ?)

というか、想定した機能は一通り動くようになり、今のところ不都合はない(ハズ)です。

とはいえ、何が起こるかわかりませんけどね。


続きを読む ≫
 前回、「~作ろう(3)」までで、新規入力と投稿許可/保留までできるようになってました。

 そこで、次に手がけたのは「削除」、これは本当はとっても簡単で、実際にファイルからデータを消去するのではなく、「許可」「保留」と同じ場所(ログデータ中)に「del」という属性をセットして、もっかいファイルに書き戻してやるだけ。
 ほとんどの動きが「許可/保留」とおんなじなので、この3つをまとめて処理できるよう1つの関数内で調整しただけです。調整というのは「許可/削除」は管理者パスワードが必要ですが、「削除」には投稿者パスワードでも実行できる、という仕様なのでそのあたりの帳尻合わせでした。(簡単かんたん)

 ここで「削除」をなぜこんな手抜き仕様にしたかというと、1クリックで削除作業が済んでしまうために、「もし間違って削除」してしまった場合のリカバリーが容易に行えるように、という配慮です。

嘘です

 実は個人的な好みで、掲示板などでもデータの削除を行うとナンバリングに穴が空いてしまうのが前々から気に入りませんでした。

 そこで新規投稿すると、自動的にその空いているナンバーを使えるようにと、レコードは残しました。同時に、データ自体は削除しないで残しておいても一緒(どうせ一般モードだと表示されない)だし、と属性を変えるだけで済ませたというのが本音です。

次いで編集画面

 実は新規投稿画面、またそこでエラーが出て投稿しなおさせる画面の設計時に、1レコードの用語データを引数に登録画面を作る関数は作ってあったので、実質的には入口となってファイルから対象データを引っ張ってくる部分と、あとでファイルを書き出す部分を加えてやることで実現してます。ほとんどが新規投稿と同じようなコードなのですが、まとめてしまうほど最適化はしてません。

 そして、休日を頼みに、一気に仕上げまで走ります。

 実はトップページには投稿順に用語リストが表示されます。この出力部分を1つの関数に移し換え、検索結果の表示時にも使えるように引数の調整を行いました。
 そして検索語がPOST(あるいはGET)で指定されていた場合についてのみ、ファイルからデータを読み込む際に検索一致するレコードのみ表示用バッファに格納し、それを表示用の関数に渡してやるだけです。もちろん、トップページの「新規投稿順」というのは、そのフィルタを通さないだけ、という安直な仕様でした。

 もともと、新規投稿や編集時の保存の際に、ファイル中ではデータは日付順に並んでますからね。つまり検索結果の方でも、一致するデータの並びは投稿順です。
 本来なら50音順にでも並びかえておいてやるのが親切なんでしょうけど、そうそうパターン一致するデータが大量になるわけでもないだろう、と手抜きしました。(笑)

(単にソートするぐらい大した手間じゃないんだけどね)

 そして最後に、検索語って、見出しだけじゃなくて本文の中でもできた方がいいよね、と検索モードを追加(ワイド検索)したぐらいです。

 でもでも、実際にHPのコンテンツに入れ込むための設定をしてやるととたんに真白。(Xサーバーって、エラー表示しないで問答無用に真白画面になるんだなぁ、これが)
 やはり、バグ取りに一番時間がかかるものですねぇ。

 前回の「Web拍手」からの引き続きで、慣れてきたのか、(仕事が……)期間がかかった割にはスムーズに開発できました。


 ずっと以前、別のHPのコンテンツに用語集を入れようとフリーのPHPスクリプトを探した時には、どうも機能的に満足のいくものが見当たらず、いずれ自前で、とは思っていました。(perlのならいいのがゴロゴロしてたのに)

 ひとまず、目標達成です。そしてHP版に実装したものの……

 スクリプトを作るのに必死になって、用語を登録する気力が残ってない……(なんだそりゃ/爆)

>>HP版用語集



≪ 続きを隠す

|2008,07,12, Saturday 07:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

 かねてから取り組んできた用語集スクリプト(sxDictionary)が実用段階に入ってきたので公開いたします。


続きを読む ≫
[LINK]

トップ画面は検索結果画面と同じつくりをしています。

メニューで新規投稿や、単語等の検索、個々の用語を選んで属性(許可、保留、削除)などを切り替えることができます。

[PIC]


また、関連語句やURLを登録することもできます。

[PIC]

 用語集として一揃いの機能はそろったんじゃないかと思います。


>>用語集<<

≪ 続きを隠す

|2008,07,12, Saturday 05:07 PM | comments (0) | trackback (0) |

[PIC]


かなりの手抜きかも。
いつまで続くかねぇ。

|2008,07,11, Friday 12:43 PM | comments (0) | trackback (x) |

[PIC]


今からこれだと、8月とかにネタがなくなるなぁ。

|2008,07,10, Thursday 12:39 PM | comments (0) | trackback (x) |



Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。