Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14011(0/0)Bot:432469(16/15)
HOME>BLOG > 日記 > どうでもいいこと > 某自治体の市長に

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2019年09月 次月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)

 何やら訳のわからない新聞の購読を勧められる夢を見た。

 某知事に合併を迫られているくせに何考えてんだ、と心の中で思いつつも、(その夢の中で)目を通してみると確かに面白そうだった。
 特に聞いたこともないローカルテレビ(愛知かどっかのケーブル局のようだ)の紹介記事が結構な紙面を割いてあるようで、その市長もお勧めなのだそうだ。

 さらに可笑しかったのはその後で、


続きを読む ≫
 せっかくの市長の勧めだし、面白そうでもあったので紙面を眺めながら購読するかどうか真剣に考えていた。
 同時にどうやってこの新聞を受け取ることになるのか、どう考えてみても一般に配達はやってなさそうだし、やっぱり週に一度はここ(市役所)に出向いて直接受け取るのかな? 新聞の集金のために自宅の呼び鈴を押す市長の姿を想像して思わず笑いそうになる。一番可能性が高いのは郵送かな? などと、とりとめのないことを考えているとその市長からひとつの忠告を受けた。

 聞くと、最近この市役所に(自主規制)国の人の出入りが多くなってきているのだと言う。何だ? 全裸で役所内を歩き回っているとでも言うのだろうか? と考えていると、事態はもっとはた迷惑なものだった。

「その国の人はとても『開放的』な因習を持っていてね。トイレの窓や扉が閉まっているのが許せないんだよ。中に誰かが入っていようがお構いなしに無理やりこじ開けてくるから気を付けるように、わっははははっ」

「そんなバカなぁ(笑い)」と、あっけらかんと笑いながら話す市長の話にはまともに取り合わなかった。しかし、実際に私自身が我慢しきれずに用を足そうとしたところ、突然片言の日本語で「ダイジョウブダイジョウブ」などと笑いながら乱入してきた某国の連中に窓や扉を壊されて真横で用を足されてしまうという被害に遭い、「うわっうわぁ~~~!」と悲鳴を上げたところで目が覚めた。

 いやはや、なんて夢を見てしまったんだ? 無味乾燥な日常とは反対に、あまりに可笑しすぎるじゃないか。

というより、

 そんなにも私は面白い出来事に飢えているんだなぁ、と思うと少し悲しくなってきた。

≪ 続きを隠す

|2011,03,12, Saturday 08:40 AM | comments (0) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/347

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。