Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14041(4/1)Bot:433416(14/26)
HOME>BLOG > 日記 > 四方山話 > メインストリート

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2019年11月 次月>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

ランキング対象がありません[]

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


 3月です。肌寒さの中にも春を予感させるいい季節ですよねぇ。

 そんな折、通勤中のカーラジオやコンビニのBGMにも季節を感じさせるものがチラホラ聞かれるようになってきました。
 そう、そういえば「卒業」のシーズンだったりします。


続きを読む ≫

 今年、最初に耳にしたのは「卒業写真」でした。「ああ、そうかぁ」と感じ入ったものです。

 そんなわけで、卒業にまつわる曲をいくつか思い出してみた。カラオケのネタにでもなるかも知れないしね。

 うーん、やっぱり一番に思いつくのは尾崎豊の「卒業」なのかなぁ。故人となってから、そのさらにだいぶん後になって聴くようになった尾崎ですが、たとえ中高生の頃に触れていたとしても、青臭さを覚えていたに違いない、そんな屈折した学生時代だったと我ながら笑ってしまいます。

 なぜかその次に出てきたのが中島みゆきの「時代」です。これはずっと以前に読んだマンガの最後の場面、もちろん卒業式がらみだったのですが、在校生が送別の歌として大合唱してました。はからずも尾崎の「卒業」と同じ3拍子(6拍子かも)の曲ですが、そのためか螺旋のように情感が高まっていく感じがいいです。

 他にも、この季節ならではな感じのする「なごり雪」とかアニメで流行った「思い出がいっぱい」などが変に気取らず、すんなりと頭に浮かんできたりします。

 でも、どういうわけか仕事中に思わず口ずさんでしまったのが中村あゆみの「メインストリート」だったりするものだから、私も変わったヤツです。
 歌い出しが「卒業式待ちきれずに~」だったからですかね。これって「卒業」がテーマだったっけ? とふと疑問に思ってしまいます。そういえば中村あゆみの曲の中にはしっかりとタイトルで「卒業」という曲もあるのにね。

 中村あゆみは、おそらく邦楽としては私が一番好んで聴いたアーティストだったと思います。だから今なお口をついて出てしまうこともあったわけですが、あのハスキーな声で紡がれるソウルフルな歌詞もリズム感に富んだ曲も、聴く者にとっても歌い手にとっても心を強くさせる何かがありました。

 歌詞に従うならば、とっくにメインストリートに飛び出してしまっているはずの私ですが、未だにココがメインなのかと聞かれれば自信はありません。きっと「そうじゃない、もっと……」と口に出してしまいたい私が一方で存在しています。

 迷いのない人生はないとはいえ、それを情けないとも思いません。

 迷いがあるということは、すなわち求めるものがあるはずだから
 前に向かって進む動機としては十分に過ぎるというものでしょう


≪ 続きを隠す

|2009,03,15, Sunday 10:18 PM | comments (0) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/208

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。