Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:14350(0/7)Bot:441567(37/50)
HOME>BLOG > 日記 > 四方山話 > 皆既日食?

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

MODE: ゲストモード

USER ID:
PASS:
ADMIN

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

ARCHIVES
検索および過去記事

<前月 2020年04月 次月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

NEW ENTRIES
最近の記事

CATEGORIES
カテゴリ一覧

ACCESS RANK
閲覧回数ランキング

1.
[E361]年越と日の出(1)
[PIC]33.33%
2.
[E254]お天道さまを追っかけて(5)(1)
[PIC]33.33%
3.
[E367]突然どっかん(1)
[PIC]33.33%

COMMENTS
最近のコメント

POWERED BY

NOTICE
 拙作のBlogn用モジュール(コメントアイコン等)をお求めに立ち寄られた方へ、
サーバー移転時に不都合があり、(旧)ブログの移転作業が頓挫してしまいました。本家「開発コーナー」にて新バージョンを紹介させていただいていますのでご参照くださいませ。

コメントアイコン&絵文字モジュール
表示モード別分岐タグモジュール

 なお、「開発コーナー」では上記のモジュールだけでなく、それ以降にリリースしたモジュール等も掲載させていただいてます。
Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)

 なにも正月だからこの1年の計画、とかそんなことを考えているわけではないのだが、先日こんな話題を耳にした。(通勤中のカーラジオね)

[PIC]

「2009年7月22日に日本で皆既日食が見れる!!!」

 おおぉ~~っ!

 そりゃすごい。おもわずワクワクしてしまった私なのさ。

 ちなみに左図は2001年6月21日の皆既日食の様子(inサルビア 出:国立天文台HP)






続きを読む ≫
 そこで、多少は調べてみた。

[PIC]
 ぐぐると「2009年7月22日皆既日食の情報:国立天文台」と「プレ天文 - 2009年日本皆既日食」などがヒットする。

 上のページでおよその概要はつかめわけだが、私の所在地である大阪では左図のように部分日食どまりになるという。

 むむむ、残念なことこの上ない。「日本国内で皆既日食」って言ってたじゃないかぁ、でいったいどこに行けばいいのか、と読み進めてみると、たとえば屋久島とかとか……(汗)。

 まぁ、他のHPを覗いてみても、既に皆既日食ツアーは超満員状態で、現地にほとんど受入態勢が無いにも関わらず大量の人が殺到するらしいから、綺麗な皆既日食をこの目にするのは諦めた方がよさそうです。それに雨の多いシーズンでもありますしねぇ。(あ、屋久島あたりまで行くと梅雨は終わってるか)

 だがしかし、少しでも条件のいいところで見たいものですよねぇ。

 そういえば今年の7月22日というと……水曜日。平日のしかも週のど真ん中じゃないか。19日20日が日曜、祝日として諸々の条件を併せ見ても休みにはなりそうもないです。

 ふむ、もし休みがもらえたら、せめて潮岬あたりまで出向くという手が使えるかも知れない。
 日食の持続時間の長さからいっても、今世紀で一番条件がいいらしいし、なんとかできるようにしてみるか。

 覚えておかなきゃ( ..)φメモメモ


≪ 続きを隠す

|2009,01,10, Saturday 09:27 PM | comments (0) | trackback (0) |

この記事に対するコメントの受付は終了しています。

コメント

トラックバックURL

http://bvs.saki-net.com/tb.php/144

トラックバック

Prev(新しい記事)< >Next(古い記事)


Copyright © 2008-2009 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。